ことの葉

NNAオーストラリア編集部が日常の食生活に関わるあれこれを面白おかしくつづります

カテゴリー:ことの葉

  • 東京の飲食街

    東京の飲食街の不景気はよく聞いてはいた。かつて盛んだった二次会文化はもう過去のものという人さえいた。 いったいどれほどかと思っていたが、年末に新宿の繁華街を歩いたところ、なかなかどうして繁盛しているのではとの印象を持った…
  • ヘルシードリンク

    「水は50豪セント(約40円)増しになりますがよろしいでしょうか」……。このほど、ファストフード店で水を選んだら、こう言われ仰天した。つまり割高な水以外の安い選択肢は、白砂糖や着色料をたくさん含んだ炭酸飲料水やオレンジジ…
  • 自家製納豆

    シドニーから約4時間ほど車で走ったタムワースの農場で獲れた大豆をいただいた。 その大豆を一晩水に浸けた後、分ほど茹でてお湯を切り、その直後に冷凍納豆を少し加えてかき混ぜる。そのカップを冷まさないよう、お湯を入れた鍋の中に…
  • 食べ残し

    国によって異なる価値観の一つに「食べ残し」があるように思う。日本では、ご飯粒一つ残さず食べることが美徳とされ、子どものころからそう教えられてきた。食べ残すことが「礼儀」でもある中国に旅行で行った際には、食べきれんばかりの…
  • エセ・ジャパニーズレストラン

    会社近くにある外国人経営らしき日本料理屋が改装オープンしていた。いかにも「エセ・ジャパニーズレストラン」なので今まで入ってみる気がしなかったが、先日初めてこの店に入ってみたところ、なかなかどうして繁盛している様子だ。 だ…
  • 豪州のツナ缶

    豪州に来て驚いたことの一つは、ツナ缶の種類の多さだ。日本ではノンオイルや食塩無添加など淡白な味のものばかりだったので、豪州のスーパーで種類ほどの様々な味のツナ缶を見つけたときは色々な味を試そうと、大量買いをしたものだ。 …
  • 豪州の巻き寿司

    日本の物が海外で普及するにつれて、本来の質や形が変化を遂げていくというパターンはよくある。巻き寿司もその一つ。豪州の街角でよく見る巻き寿司(スシロール)は、日本の旅行者が見たらぎょっとするものだ(もう慣れたが)。 しかも…
  • 豪州の養鶏場

    昔、地方の養鶏場を訪れたことがある。長さ100メートル近くある養鶏場で、初めて見た印象は「農場にある工場」だった。ドアを開けて中を見ると、これでもかと言わんばかりに小さな鶏が埋め尽くされていた。 数週間後また訪れると、鶏…
  • 地産池消

    農薬を頻繁に使用された果物などは、農薬に対する自己防御反応から皮が厚くなる、と自然農法家から聞いたことがある。それ以来、皮が厚いリンゴなどに出会うと、ああ農薬が強く散布されたのだなと思っていた。 ところが最近豪州で、茄子…
  • 皮が厚いリンゴ

    農薬を頻繁に使用された果物などは、農薬に対する自己防御反応から皮が厚くなる、と自然農法家から聞いたことがある。それ以来、皮が厚いリンゴなどに出会うと、ああ農薬が強く散布されたのだなと思っていた。 ところが最近豪州で、茄子…

アーカイブ

ページ上部へ戻る