ことの葉

NNAオーストラリア編集部が日常の食生活に関わるあれこれを面白おかしくつづります

カテゴリー:ことの葉

  • ベジタリアンワギュウ

    オーストラリアで人気の料理コンテスト番組「マスターシェフ」を見ていると、日本語がいかに借用語として英語圏に浸透しているかがよく分かる。特に「Umami(旨味)」は出場者が必ず一度は口にするほどの定着ぶりだ。 次に「…
  • 生魚の知的財産

    週末は新鮮な魚を買ってきて、刺身におろして食べるのが楽しみの一つになっている。だが、オーストラリアではそれぞれの魚屋の店員の言うことがイマイチ信用できないのが玉にきずだ。 ある店員は、庶民魚のサバや高級魚のアカムツ…
  • 冬休みの小学生

    我が家もご多分にもれず、新型コロナウイルスの影響で、自宅で料理する機会が増えた。すでにレストランの営業は再開しているが、季節が冬ということもあり、コロナ危機で身についた「巣ごもり」の習性が我が家族の出不精を加速している。…
  • 結局のところ

    マヌカハニー、納豆、緑茶、タンポポ茶。いずれも「新型コロナを予防できる」とうたわれ、話題になった食材だ。便乗して予防効果を宣伝する健康食品も次々と登場し、警察当局が薬局を摘発したり、国が「根拠のあるものはない」と注意喚起…
  • 変わらないもの

    シドニーで10人までの店内飲食が解禁されてすぐ、友人と居酒屋に飲みに行った。新型コロナウイルス感染症が広まるまでは、週平均4日は外食していたが、この約2カ月は、それができなかったので我慢の限界だった。 「いらっしゃ…
  • 介護食のバラエティー

    オーストラリアは日本に比べて、高齢者介護向けの食事のバラエティーが少ないように思われる。例えば日本なら鶏を調理してから、バラバラにした流動食を作ったりといろいろと工夫している。一方、こちらではそこまで手を加えているように…
  • ある飲食店経営者

    東京・新宿で飲食店を経営する友人がいる。彼の店は新型コロナの影響で営業時間短縮を余儀なくされた上、政府の外出自粛要請もあり、客足はぱったり途絶えたという。日本有数の繁華街で立地は良いが、反面家賃も高く重い固定費がのしかか…
  • 食のアウトソーシング化

    オーストラリア政府が新型コロナウイルス感染拡大防止のための規制を3段階で緩和することを決め、ニューサウスウェールズ州でも15日からレストランやカフェが最大10人までの店内顧客数の制限付きで営業を再開する。3月25日から店…
  • 自分が試される?

    新型コロナの感染拡大が始まってから、日々の食糧調達についてはスーパーマーケットのオンライン販売を利用するようになった。これまでは、割れた卵やしなびた野菜が届くのではないかと敬遠していたが、半信半疑で利用してみると意外にも…
  • 我がペット

    自宅にいる時間が長くなったから……ではないのだが、最近、ぬか漬けを始めた。オーストラリアの日本食品店にもぬか床が売られており、そういえば以前からやってみたかった、と思い出したためだ。 やり始めてみると、なるほど奥が…

アーカイブ

ウェルスのトリビア

世界最大のバラマンディ(スズキ目の白身魚)養殖業者メインストリーム・アクアカルチャーが販売する、個人飼育用で希少価値が高いゴールデン・バラマンディの価格はいくらでしょうか?(答えは記事中に

ページ上部へ戻る