ことの葉

NNAオーストラリア編集部が日常の食生活に関わるあれこれを面白おかしくつづります

カテゴリー:ことの葉

  • 蛙の面に

    オーストラリア北部準州のウルルを家族で旅行した際、公園でほかの観光客たちと車座になり、地元アナング族のガイドから、先住民が伝統的に食料にしてきた「ブッシュタッカー(bush tucker)」の講義を受けた。 有名ど…
  • ウェルス創刊号の頃は……

    オーストラリアとニュージーランド(NZ)の農業・食品分野に絞った情報誌ウェルスは、おかげさまで400号を迎えました。 創刊号を出した2011年7月のニュースを掘り起こして読んでみますと、同年は降水量が多く、ミカンな…
  • 大らかな性格

    ニュージーランド(NZ)のスーパーで買い物をしたら、合計金額が35NZドル5セント(1NZドル=75円)だった。50NZドルを出した後に、なるべくお釣りの小銭を少なくしようと慌てて「5セントがあると思うから出す」と言った…
  • アンザックビスケットの由来

    4月の後半のアンザックデーが近づくと、オーストラリアやニュージーランド(NZ)のスーパーマーケットでは、「アンザックビスケット」がたくさん陳列される。エン麦で作られたビスケットは、第一次世界大戦で英国を支援するためにトル…
  • 1+1は……。

    前から気になっていた近所のアイリッシュパブに連れ合いと入ってみた。表の看板にはメーン料理が「2 for 1」になると書いてある。2人前の料理が1人前の料金で食べられるということだ。 中に入るとけっこう重厚な趣で、こ…
  • 検疫に言い訳は無用

    中東からシドニーへの帰国便で、着陸間際に初めて見る機内ビデオが流れた。映画を遮り画面に映し出されたのは、さまざまな国籍の老若男女が代わる代わる「Sorry」と謝る様子。それに対し空港の検疫職員が「Don't be sor…
  • 実験動物のストレス

    畜産や酪農のニュースを追っていると、動物福祉の記事を目にすることがある。動物福祉の基本的な考え方は、輸送や実験時などに人間が動物に与える痛みやストレスを最小限にするというものだ。 オーストラリア博物館に勤める友人と…
  • 銀ダラはどこだ

    日本の友人から、「タラのムニエルを晩ご飯のおかずにした際に、筆者が一時帰国した際にお土産にあげたオーストラリア産バターのおかげで殊の外いい味に仕上がった」というメッセージをもらった。 確かに日本に行くと、日本のバタ…
  • 日本「風」料理?

    オージーの知人宅で、ボロネーゼのスパゲッティをごちそうになった。イタリアのハーブなどを複数使用した本格的なものだった。筆者が作るレシピは、塩・コショウ・砂糖に少量のしょうゆとまさに日本の家庭の味。もはや日本ではミートソー…
  • 言ってはいけない

    子どものクラスメートのお母さんに「Zaatar(ザーター)」をいただいた。いりごまやタイム、オレガノ、クミンなどを混ぜ合わせた中東の伝統的なミックススパイスで、中東系移民の多いオーストラリアでは普通のスーパーマーケットで…

アーカイブ

ページ上部へ戻る