ことの葉

NNAオーストラリア編集部が日常の食生活に関わるあれこれを面白おかしくつづります

カテゴリー:ことの葉

  • ナスの天ぷら

    数週間前、弁当を買おうとシドニーの会社近くのフードコートを物色している時、思わず瞠目させられるおかずを見つけた。タイ料理の弁当屋にあった「ナスの天ぷら」だ。筆者の大好物で、これは何としても買うしかない。 だが、店員…
  • そして誰もいなくなった

    シドニーのカフェでテークアウェーのコーヒーを買うたびに、使い捨ての紙カップが無駄だと思っていた。その後、ガラス製でシリコンのふたが付いたカップを買い、1年が過ぎた。 ここに来て新型コロナウイルスの感染が広まり、衛生…
  • 新時代の買い物風景

    スーパーマーケットに立ち寄り、パン売り場に行くと、電動車いすに乗った初老の男性が棚に並んだ食パンを次々に手で押していた。柔らかいかどうか感触を確かめているようだったが、自主ブランドのパンで、製造日はみな同じはずなので、そ…
  • Authentic Food

    シドニーはアジア系移民の人口が多い都市だ。以前米国に滞在していた頃は、アジア系米国人を見かけることがあったがシドニーでは家から一歩外に出ると、周りはアジア人だらけと言っていい。だからこそシドニーでは、多くのアジア料理店が…
  • ジャイアントコーン

    オージーはナッツが大好きな国民だが、以前から非常に不可解に思っていることがある。それは、日本などではどこでも売られているジャイアントコーンが、オーストラリアではどこに行っても売っていないことだ。 普通のコーンではな…
  • 不ぞろい野菜

    オーストラリアやニュージーランド(NZ)では、形や色が不ぞろいな野菜や果物を値引きして販売する動きが広がっている。NZでは、2017年以降500トンもの「規格外農産物」が消費されたという。 オーストラリアでは特に、…
  • 不運なパイオニア

    ニュージーランド(NZ)産のワインで最も輸出量が多いソーヴィニョン・ブランのブドウの木がマールボローに植えられたのは1979年だそうだ。約40年前のことだ。 NZで初めてブドウの木を植えたのは、英国国教会のサミュエ…
  • 青春の味

    2月に突入し、夏休み明けの学生たちを見かける機会が増えた。この時期の多くの学生はセブンイレブンのシャーベット飲料、「スラーピー(Slurpee)」を飲んでいる。若いころは筆者もよく夏に飲んでいたなと懐かしく思う。 …
  • 「ロブスターの行方」

    コロナウイルスの影響で、中国からの西オーストラリア(WA)州のロブスター需要が減り、輸出を一時停止したというニュースを見て、若干不安になっている。というのも、ここ数年ほど元旦のご馳走としてWA州産のイセエビを注文して日本…
  • 中東の争い

    自宅近所に店舗が並ぶ一角がある。これまで韓国料理店や不動産業者が幾つか並んでいたが、ここに来て中東系のレストランやカフェ、雑貨店が不動産業者のオフィスと入れ替わりに突然増えてきた。 確かに、近場のショッピングセンタ…

アーカイブ

ウェルスのトリビア

大手小売りのコールズは、買い物に行きにくい人を優先するサービスを展開 しています。平日朝は高齢者や障害者に加え、ある職業の人たちも優先する そうですが、どの様な職業でしょうか?(答えはこちら

ページ上部へ戻る