中国人の食卓を狙え

中国の食品市場で何が起きているのか、現地記者がリポート

カテゴリー:中国人の食卓を狙え

  • 第11回 将来性ある豪州ワイン

    第11回 将来性ある豪州ワイン

    日本の通信販売のベルーナが、7月をめどにオーストラリアワインの中国での販売をスタートする。中国では2012年から「マイワインクラブ」のブランドでワインの卸売り事業を手掛けており、昨年の売上高は約2億円規模に上った。 …
  • 第10回 人気急上昇の豪州産ワイン(続)

    第10回 人気急上昇の豪州産ワイン(続)

    オーストラリア産食品の専門店。約70種のワインが並ぶ ■専門店がオープン 上海市中心部からほど離れた住宅街の一角に昨年末、ワインをメーンに取り扱うオーストラリアの食品専門店がひっそりとオープンした。 …
  • 第9回 人気急上昇の豪州産ワイン

    第9回 人気急上昇の豪州産ワイン

    蒸留酒・白酒(パイチュウ)や紹興酒の国、中国でワインの人気が高まっている。上海市で今年開催予定のワイン展示会は、ネットで検索できる比較的大きな規模のものだけでも6回。これ以外にも、ワイン品評会やワインテイスティング会など…
  • 第8回 ネット通販が人気の粉ミルク

    第8回 ネット通販が人気の粉ミルク

    中国の粉ミルク市場の2014年の市場シェアは、販売量では国産が45%、海外産が55%、販売額では国産が40%、海外産が60%と、いずれも海外産が優位だ。その背景にはインターネット通販の利用者急増がある。ネット通販での販売…
  • 第7回 国産品離れする粉ミルク市場

    第7回 国産品離れする粉ミルク市場

    中国で海外産粉ミルクの人気が上昇し始めて久しい。業界リサーチサイト「産業信息網」によると、2014年のメーカー別粉ミルク市場のシェア1位は、米ミード・ジョンソン・ニュートリションで15%だった。以下、米ワイス・ニュートリ…
  • 第6回 粉ミルク、豪では購入制限

    第6回 粉ミルク、豪では購入制限

    オーストラリアのスーパーマーケット最大手ウールワースが粉ミルクの購入で中国人を差別しているとして、オーストラリアに住む中国人の母親らの間で論争が起きた。問題となった差別とは、ウールワースの店舗で商品棚に掲げられた粉ミルク…
  • 第5回 試されるオージービーフ

    第5回 試されるオージービーフ

    ■豪中FTA締結中国とオーストラリアは昨年11月、9年7カ月に渡る交渉の末、自由貿易協定(FTA)を妥結した。オーストラリア産の牛肉、乳製品、ワインなど農作物に対する関税は、向こう4?9年以内に撤廃することが決定。フラン…
  • 第4回 まだまだ少ない牛肉消費

    第4回 まだまだ少ない牛肉消費

    食の安全問題はここ数年、中国人にとって最大の関心事の一つだ。2014年7月、米食品会社OSIグループの上海子会社である上海福喜食品が、複数のファストフードチェーンに賞味期限切れの冷凍肉を供給していたことが発覚した。期限切…
  • 第3回 オージービーフの人気の秘密

    第3回 オージービーフの人気の秘密

    ■月1回は西洋料理上海市の金融貿易区で、同市のランドマーク的存在でもあるテレビ塔「東方明珠塔」や高層ビルが立ち並ぶ、浦東新区陸家嘴エリア。その高級繁華街の大型商業施設の中にあるのが、米高級ステーキチェーン「莫爾頓(モート…
  • 第2回 自尊心くすぐるオージービーフ

    第2回 自尊心くすぐるオージービーフ

    ■自宅でステーキを食す上海人の友人夫婦が、中国で人気のチャットアプリに、「夕食は自宅でオーストラリア産のリブロース!」とコメントと写真をアップしていた。自宅近くにある小売り大手の仏カルフールで購入したという。友人は「昔は…

編集後記・お知らせ過去の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る