有為転変

NNAオーストラリア社長、オセアニアのニュースを斬る!

カテゴリー:有為転変

  • 第125回 なぜ遅れる?豪NZの建設事業

    2011年に大規模な地震に見舞われたクライストチャーチの中心部を最近訪れた際に、市内の建設事業が遅々として進んでいないことに、いささかため息が漏れた。2年前に訪れた街の光景とほとんど変わっていない。地震からもう7年以上も…
  • 第124回 政権転覆の黒幕?(下)

    オーストラリアのメディアの間では、今回のターンブル前政権批判の急先鋒の役割を果たしたと揶揄される有料テレビのスカイニュースについて、嫌み半分に語られる説明がある。視聴率調査機関OZTAMによると、スカイニュースの視聴者数…
  • 第123回 政権転覆の黒幕?(上)

    今月17日に、筆者は取材でキャンベラにある連邦政府議事堂にいた。国会の会期中だったが、金曜日のため小委員会だけが行われており、議事堂内の雰囲気は、いたってのどかなものだった。取材先の議員が日本人記者のために時間を割く余裕…
  • 第122回 若櫻たちの日章旗

    7月末にダーウィンに出張した際の空き時間に、軍事博物館をのぞいてみた。博物館とはいえど目立った展示品が少なく、個人的にはあまり刺激的ではなかったのだが、唯一、日本人としては非常に興味深いものが展示されていた。寄せ書きの日…
  • 121回 黒塗りの潜水艦文書(下)

    前回、フランスのネイバル・グループ(旧DCNS)によるオーストラリア向け新型潜水艦の事業計画書で、当初約束していた国内造船大手ASCとの共同開発が、オーストラリア国防省に却下されていたという不可解な点について書いた。当然…
  • 第120回 黒塗りの潜水艦文書(上)

    オーストラリア議会で5月中旬に、連邦政府が500億豪ドル(約4兆1,128億円)を投じる次期潜水艦建造プロジェクトに関する秘密文書が公開されて物議を醸したことがあった。フランスのネイバル・グループ(旧DCNS)が、日本や…
  • 第119回 幻の駐豪米国大使

    米トランプ大統領が22日に、韓国の文在寅大統領と米韓首脳会談を実施した。これに先立ち、トランプ大統領は次期駐韓国大使として、ハリス太平洋軍司令官を指名したことが話題となっている。米韓同盟を重視する姿勢を示した形だが、南シ…
  • 第118回 数学をどうする?

    日本からオーストラリアに来た児童や生徒が地元学校に編入すると、大抵は数学の天才のような扱いを受ける、とはよく聞く話だ。オーストラリアの小中学校に比べ、日本の数学の授業進度が速いので当然なのだが、オーストラリアでは最近、あ…
  • 第117回 国際援助の裏側

    オーストラリア連邦政府のフィエラヴァンティ・ウェルズ国際開発・太平洋相が先月中旬、南太平洋諸国への援助が「無用の長物」だとして中国を名指しで批判して騒動を巻き起こしていた。最近、オーストラリアと中国の関係がぎくしゃくして…
  • 第116回 “あの時”のトヨタ

    2014年2月10日夕─。シドニーの新春賀詞交換会に参加していた筆者の携帯が鳴った。そこで、仰天する話が飛び込んできた。トヨタがオーストラリア生産撤退を決めてもうすぐ発表する、という。華やかな歓談の場から押っ取り刀で会社…

編集後記・お知らせ過去の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る