MLAイベント開催、中東での需要期待

 豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)が来月4日にビクトリア州で赤肉業界イベント「キネトン・ミート・プロフィット・デー」を開催する。中東で豪産羊肉への需要が急騰していることなどを背景に、当日詳細を明らかにする予定。同イベントでは、基調演説を担当するMLAの中東地域マネージャであるロス氏によって、中東市場の今後の見通し、現在の売り上げ状況、同国の市場構造や現地の小売業界の成長などについて説明がなされる見通しだ。同氏は中東市場の現状について、「近代的なスーパーマーケットや大型スーパーが急速な伸びを見せている」と説明。アラブ首長国連邦(UAE)だけで見ても、過去4年間に大型スーパーは105%、スーパーマーケットは77%の拡大を見せていることに言及し、「主に国際的なチェーン店が多いものの、地元の小売店も全域で拡大している。高品質の豪州産赤肉に対する需要が高まり、大きな好機となる」と加えた。こういった業界の動きに合わせて、設備投資に注力している独立系の地元食肉販売店も増えているという。また、「数十万人に上る移民系労働者の食事を用意している仕出し業者の間でも、マトン肉への需要増が期待できる」と述べた。同イベントではロス氏のほかに、◇南クイーンズランド大のストーン教授が気候とその影響について◇フォード・ヘルスのフォード社長がコミュニティーと健康について◇NICONルーラル・サービシズのニコルソン氏が穀類の用途について◇ビヨンド・ブルー(うつ病協会)のヤング社長が農業従事者が直面する精神的圧力と支援機関について――発表する予定となっている。同イベントへの参加費は、事前予約の場合◇MLA会員:20豪ドル◇非会員:30豪ドル◇夕食:20豪ドル◇会員家族(夕食4名まで含む):80豪ドル――。当日入場は◇会員:30豪ドル◇非会員:40豪ドル◇夕食:20豪ドル――となっている。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリアのオーガニック食品業界の今年の成長率は、年何%と見込まれているでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る