NSW州養豚業者、違法飼料で罰金

 ニューサウスウェールズ(NSW)州中西部フォーブスで、養豚に家畜の死骸などを与えたとして、農家3人に3万3千豪ドルの罰金が課せられた。国営放送ABCが19日、伝えた。今回罰金となったのは、マッコーネル家の兄弟3人で、禁止物質を飼料として与えたことなどが理由に挙げられている。NSW州一次産業省(DPI)のファイフィールド氏は今回の件について、50年代にこの行為が法律で禁止されて以来最悪の部類に入るとコメント。同氏は、「3カ所で飼育されている620匹の養豚に、羊の死骸を始め、豚や家禽の死骸などを餌として与えていた。2001年に英国で口蹄疫が流行したのは、今回のような違法飼料を餌として与えていたからだ」と話している。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

小売り大手ウールワースが、ある事業の分離・上場を計画しています。それは何の事業でしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る