野党自由党、羊毛団体の人事を疑問視

 豪羊毛研究開発投資機関オーストラリアン・ウール・イノベーション(AWI)の内部人事に対し、野党自由党から疑問の声が上がっている。27日付地元各紙が報じた。過去に有罪判決を受けたチャップマン氏をAWIの監査役兼内部法律顧問に任命した人事を疑問視しているのは、自由党のヘファーナン上院議員。チャップマン氏は1990年、売春宿の運営ならびに銀行口座を偽名で開設した上で不正に運用したとして、有罪判決を受けていた。ニューサウスウェールズ(NSW)州の最高裁判所は92年、弁護士免許のはく奪までは行わなかったとはいえ、同氏の業績が不十分であるとして懲戒処分を与えている。AWIは、チャップマン氏が有罪判決を受けたものの、任命後は満足に仕事を行っているとコメントしている。AWIはまた、羊毛農家によるミュールズ手術が動物の虐待に当たるという動物保護団体の反対声明の対応に追われており、この件について2010年までに同手術を廃止する意向を示していた。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリアのオーガニック食品業界の今年の成長率は、年何%と見込まれているでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る