食肉の9月四半期売上高、軒並み上昇

 豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)が9月四半期に肉屋に対して売り上げ調査を実施し、食肉の売上高が伸びていることが分かった。20日付ランド紙が伝えた。経済の不調から消費者の嗜好が高価な肉から安価な肉へシフトしていることも明らかとなった。食肉価格の高騰にもかかわらず売り上げは軒並み伸びており、中でも牛肉、ラム肉、鶏肉の伸び率が高かったという。売り上げに関して「良い」「非常に良い」と答えた業者は以下の通り。◇牛肉――52%(前年同期は46%)◇ラム肉――39%(同36%)◇豚肉――32%(同26%)◇鶏肉――46%(34%)――。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリアのオーガニック食品業界の今年の成長率は、年何%と見込まれているでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る