WA州家畜輸出業者、複合農地を買収

 西オーストラリア(WA)州パース拠点の家畜輸出業者ウェラード・ルーラル・エキスポーツがこのほど、同州の複合農場2,300万豪ドル相当の買収を完了し、ほかに2カ所(980万豪ドル相当)の農地の買収の話も進んでいることを明らかにした。9日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー紙が伝えた。ウェラードは、パース南部にあるコジョナプ(Kojonup)のハイフィ−ルド(Hyfield)とクロスバーン(Crossburn)を同州複合企業ウェスファーマーズのレスター前役員から獲得した。ハイフィールドは敷地面積2,534ヘクタールでメリノ種の雄羊がいる複合農地。クロスバーンは敷地面積2,717ヘクタールで作付けと羊生産が行えるという。ほかの2カ所の農地は、同地区ヤララ(Yaralla)の1,400ヘクタール(総額550万豪ドル)とこれに隣接する1,200ヘクタール(総額430万豪ドル)。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

小売り大手ウールワースが、ある事業の分離・上場を計画しています。それは何の事業でしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る