豚肉団体APL、5カ年戦略計画を発表

 豚肉の業界団体オーストラリアン・ポーク(APL)はこのほど、2010〜15年の戦略計画を明らかにするとともに、同社の新しいロゴを発表した。21日付ランドが伝えた。APLのスペンサー最高経営責任者(CEO)は、戦略計画の中心となる5つの目標として、◇消費者の需要の掘り起こし◇発展的で生産的な生産農家◇効率的なバリューチェーン(価値連鎖)◇指導力と準備、受託責任◇業界の団結と共鳴――を挙げた。同CEOは、新戦略の重要性を強調。同時に発表したAPLの新ロゴは、食品業界において現代的で先進的な同社の地位を反映したものとしている。新ロゴの導入によって消費者の認知度を高め、国産の豚肉と豚肉製品のブランド力を強化する考えだ。APLは2000年5月、業界3団体を統合する形で設立。豚肉処理税と政府の基金によって成り立っている。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ソラマメが過去最大の豊作を記録しました。しかし、ここ1カ月の価格は上昇しています。なぜでしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る