牛肉生産量、2012年に過去最高水準へ

豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)はこのほど、国内の牛肉生産量が2012年に過去最高を記録するとの見通しを明らかにした。一方で適正な需給バランスが取れるかが焦点になりそうだ。9日付ウィークリー・タイムズが伝えた。MLAの予測では、12 年の牛肉生産量は224 万トンに達し、06 年に記録した218 万トンを上回る見込み。豪農業資源経済局(ABARE)によれば、南部地域の牛肉生産業者の09/10年度の平均現金収入は前年度比47%減の3万1,700 豪ドルに低下している。MLAのエコノミストであるマクレー氏は、農家の財政を支えるためには牛肉需要が急速に伸びる必要があると指摘。同氏によれば、牛肉生産量と価格には、世界的な牛肉需給のひっ迫や米国の肉牛頭数の減少、米国や日本、ロシアなどの主要市場の回復も影響するという。マクレー氏は、11年と12年の肉牛生産業者の収入が回復した場合、農家が育成頭数を増やすことが予想され、結果的に牛肉生産量が増加すると予想している。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ソラマメが過去最大の豊作を記録しました。しかし、ここ1カ月の価格は上昇しています。なぜでしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る