豪州産肉需要の増加を、中国市場にらみ

中国の人口増加と都市化を受けて、豪州産牛肉と羊肉需要の高まりに期待が広がっている。豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)は今年、中国の主要都市以外にもマーケティングを拡大する計画だ。

MLAの東南アジア・中国地域マネジャーのイオリ氏によると、中国では1人当たりの牛肉消費量は4.5キログラムで、2010年の豪州からの牛肉輸出量は前年比6%増の5,600トンだったという。今後も食肉の輸入量は増加すると予想され、MLAは「衛生的で安全な」牛肉として消費者に認知してもらえるようにマーケティング活動を行っている。

MLAはこれまで北京や上海、大連、広州といった大都市でマーケティング活動を行なってきたが、今年は杭州や天津、深センなどでも市場開拓を行う予定という。ランドが伝えた。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ソラマメが過去最大の豊作を記録しました。しかし、ここ1カ月の価格は上昇しています。なぜでしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る