米飼料オルテック、SA州同業の買収完了

米飼料会社オルテック(Alltech)が、南オーストラリア(SA)州ローズワーシーに拠点を置く同業リーナート(Lienert)・オーストラリアの買収を完了した。オルテックは今回の買収を通じて、牛や羊などの反すう動物向け事業で存在感を高めたい考えだ。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

40年以上にわたり家族経営を続けてきたリーナートは、オーストラリアとニュージーランド、フィリピンで事業を展開しており、飼料加工会社や農家向けに家畜用飼料を提供している。

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)に提出されたリーナートの会計報告書によれば、同社は2011/12年度と12/13年度に損失を計上していた。11/12年度(11年7月~12年6月)には4,290万豪ドル(約40億円)を売り上げたものの、39万4,552豪ドルの損失を計上。12/13年度の売上高は4,380万豪ドルと前年度から増えたにもかかわらず、損失額は130万豪ドルに膨らんでいた。

オルテックのアジア太平洋コミュニケーションズ部門のローランド・マチャシ部長は、リーナートの財務状況についてはコメントできないとした上で、「リーナートの買収は賢い選択だった」と明言。「オルテックにとってリーナートの事業価値は大きく、オーストラリアのような重要市場において、わが社の投資や成長を大きく支えてくれるだろう」と期待感を示した。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ソラマメが過去最大の豊作を記録しました。しかし、ここ1カ月の価格は上昇しています。なぜでしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る