9月の牛処理数は12%増、雌牛の処理進む

9月の牛の食肉処理頭数が80万頭と、前年同月から12%増加したことが分かった。このうち雌牛(未経産雌牛を含む)の処理頭数は39万5,000頭と全体の半分以下となったが、通常の43%よりも高い割合となっている。オーストラリア食肉家畜生産者事業団(MLA)の発表を、12日付ランドが伝えた。

雌牛の処理数はクイーンズランド州が18万5,771頭、ニューサウスウェールズ州が9万330頭と、それぞれ前年同月から4割増加した。

処理頭数の増加に伴い、9月の牛肉生産量(枝肉)は22万421トンと前年同月から11%増加した。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリアのオーガニック食品業界の今年の成長率は、年何%と見込まれているでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る