アーカイブ:2009年 2月

  • サントリー花事業、豪共同開発種で新色

    サントリーフラワーズ(東京都千代田区)は19日、豪企業フロリジンと共同開発した青紫色のカーネーション「ムーンダスト」の新色「アクアブルー」を来月3日から日本全国で販売を開始すると発表した。同社は1995年、フ…
  • 地方産業大手、AACo株15%を売却

    地方産業大手フューチャリスは23日、保有する畜産大手オーストラリアン・アグリカルチュラル・カンパニー(AACo)の株式14.99%を、アラブ首長国連邦(UAE)のIFFCOグループに総額6,740万豪ドル(1…
  • 豪農家の害獣ウサギ、QLD州で増殖中

    豪州では農業に打撃を与える害獣として駆除されてきたウサギが、クイーンズランド(QLD)州で再び増加傾向にあることが分かった。22日付クイーンズランド・カントリー・ライフ紙が伝えた。ウサギは欧州から豪州に持ち込…
  • トラクター国内販売、不況の影響なし

    世界金融危機で各業界が苦戦する中、豪州のトラクター業界は売り上げを着実に伸ばしていることが分かった。23日付クイーンズランド・カントリーライフ紙が伝えた。2007年のトラクターの国内販売台数が1万822台であ…
  • 園芸業界、豪検疫局の厳格な検査を批判

    園芸輸出業者は、豪検疫検査局(AQIS)が昨年10月以来、およそ100万豪ドル相当の商品の輸出を拒否していることに、検査が「厳しすぎる」と批判の声を上げている。25日付ウィークリー・タイムス紙が伝えた。豪園芸…
  • 口蹄疫ウイルス輸入、認可に懸念の声

    ワクチンなどの研究目的で口蹄疫ウイルスを豪州へ輸入する提案が政府に認可されていたことに関して、上院議会では提案の出どころなどが議論され、輸入自体を疑問視する声が上がっている。23日付ランド紙が伝えた。豪検疫検…
  • 環境団体、WA州沿岸の海洋保護を要請

    環境保護団体が連邦政府に対し、西オーストラリア(WA)州沿岸に海洋保護地区を設け、漁業や石油・ガス探査などを一切中止するよう求めていることが分かった。これに対し、水産業界や鉱業関係者からはその効果について疑問…
  • 豪産ワイン、悪天候と金融危機で打撃

    山火事などの自然災害や悪天候、世界的な金融危機の影響でワイン生産者が苦境に直面している中、低価格の豪産ワインは終えんに向かっている――22日付シドニー・モーニング・ヘラルド紙が伝えた。豪産ワインの主要輸出先で…
  • 違法木材輸入の規制、官僚と政府で論争

    豪州への違法木材輸入を防ぐための規制法案制定に際し、連邦政府と官僚の間で議論が起こっている。23日付エイジ紙が伝えた。2007年の総選挙の際にラッド首相率いる現与党の労働党は公約として、違法木材の豪州輸入を防…
  • NSW州農場資産売買、低迷期に突入か

    ニューサウスウェールズ(NSW)州で農場資産の売買が減少傾向にある。不動産業者ヘロン・トッド・ホワイトの不動産鑑定士ガーディナー氏によると、価格が150万豪ドル以上の2008年の農場資産取引は550件で、過去…

アーカイブ

メルマガ登録

Facebook

ページ上部へ戻る