アーカイブ:2009年 8月

  • メバチマグロ漁獲割当、54%削減可能性

    豪州を含む太平洋諸国25カ国のメバチマグロの漁獲量が、大幅に削減される可能性が出てきた――22日付シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。太平洋の中部から西部にかけての海域で、高度回遊性魚類の資源保存管理措置…
  • QLD州で熱波、青果価格が下落傾向に

    クイーンズランド(QLD)州では熱波の影響で野菜や果物の小売価格が下落しているもようだ。25日付ウィークリー・タイムズが伝えた。ブリスベーンの店頭にはすでにマンゴーが並び始めており、イチゴも通常より約1カ月早…
  • 肥料インシテック、上院委が商慣行批判

    上院農業・関連業界委員会(SSCARI)は20日、肥料最大手インシテック・ピボットに対する調査結果を発表。同社が国際価格を大幅に下回る不当な価格でリン酸塩をナウルから購入し、市場価格にも悪影響を与えたと強く批…
  • エルダーズ、WA州肥料会社と独占契約

    地方産業大手エルダーズ(旧フューチャリス)はこのほど、西オーストラリア(WA)州拠点の肥料会社サミット・ファーティライザーズと提携、WA州内では独占的に肥料の供給を受けると発表した。25日付ウィークリー・タイ…
  • 8月の農業指数、市場全体を上回る伸び

    豪証券取引所(ASX)に上場する農業関連企業の8月の景況感が大きく改善していることが、コモンウェルス銀(CBA)が発表した農業指数で分かった。25日付ウィークリー・タイムズが伝えた。これによると、豪株式市場の…
  • QLDなどで異常高温、8月の記録更新

    クイーンズランド(QLD)南東部からニューサウスウェールズ(NSW)州にかけての東海岸で25日までの数日間、30度を超える異常な熱波が観測された。各メディアが報じた。QLD州では、25日の気温がブリスベーン空…
  • 農業生産者、コスト転嫁に懸念、再生可能エネルギー法が可決

    太陽光や風力、地熱など再生可能エネルギーの利用拡大を図る法案(RET)が20日、与党が野党側の修正案に応じたことにより、連邦上院を通過した。豪州は2020年までに電力の20%を再生可能エネルギーに置き換える計…
  • 地方の食品産業振興、15社に640万ドル

    連邦政府は17日、地方にある食品メーカー15社の設備投資計画に対して合計640万豪ドルを助成すると発表した。4年間で総額3,500万豪ドルを投じ、地域経済の活性化を図る「地方食品製造業者イノベーション生産性向上プログラム…
  • 害獣オオコウモリ、NSW州で駆除継続

    銃によるオオコウモリの駆除が、ニューサウスウェールズ(NSW)州で当面継続されることになった。農業生産者にとってオオコウモリは果物を食い荒らす害獣だが、絶滅のおそれがある動物に指定されている。農業生産を守るべ…
  • 小麦輸出独占体制、国民党が復活断念

    野党国民党は先ごろ開かれた連邦理事会で、これまで聖域とされていた小麦輸出の独占体制(シングルデスク)支持の政策を撤回した。今後は規制緩和の下、農家を保護する仕組みを模索していく方針。24日付ウィークリー・タイ…

アーカイブ

メルマガ登録

Facebook

ページ上部へ戻る