アーカイブ:2010年 3月

  • 第107回 RICCADONNA Ruby

    第107回 RICCADONNA Ruby

    Via Sacchetti,20-20099Sesto San Giovanni (MI)ITALYTel:+39 02 6225 1Fax:+39 02 6225 312infoitalia@campari.comht…
  • 海藻食品、リコール相次ぐ 中国産ヒジキにも大量のヨード

    豪州で海藻食品のリコールが相次いでいる。豪連邦保健省所轄の豪ニュージーランド食品安全局(FSANZ)は、昆布由来の日本製豆乳「ボンソイ」に続いて、3月17 日に「ヘン・ファイ」ブランドの中国産ヒジキを店頭から回収すると発…
  • GM食品表示、消費者団体が規制強化要望

    豪州の消費者は知らないうちに遺伝子組換(GM)作物由来の食品を口にしている。すでに国内の家畜飼料にGM作物は含まれているが、これを食べて育った家畜由来の食品に表示義務はない。GM食品の是非に関する議論とは別に、消費者の「…
  • エルダーズ、畜産と森林部門が苦境に

    地方産業大手エルダーズ(旧フューチャリス)は今後、畜産と森林の両部門で苦戦を強いられるとの見方が出ている。23 日付ランドが伝えた。クイーンズランド州でのまとまった降雨によるかんがい用水の増加などを市場は好感。エルダーズ…
  • 家畜の履歴追跡システム、業界の負担に

    家畜のトレーサビリティー(生産履歴追跡)の確保を目的とする全国家畜個体識別制度(NLIS)には欠陥があり、生産業者にとって多大なコスト負担になっている――ビクトリア(VIC)州一次産業省の委託で、コンサルタント大手プライ…
  • 牛輸出、韓国の新制度導入で今後に注目

    韓国が輸入牛肉に対するトレーサビリティー(生産履歴追跡)システムの導入を決定したことで、豪産牛肉の対韓国輸出への影響に注目が集まっている。23 日付ウィークリー・タイムズが伝えた。豪州食肉畜産生産者事業団(MLA)による…
  • トルコ企業3社、アンガス種の肉牛購入

    トルコの畜牛企業3社がアンガス種の肉牛を相次いで買い付けている。投資総額は約650 万豪ドル。22 日付ウィークリー・タイムズが伝えた。3社は東部州でアンガス種の雌牛3,000頭を購入。主に、ニューサウスウェールズ州南部…
  • 米ハインツ傘下、「豪資本」と虚偽表記

    米国系大手食品メーカーHJハインツ(Heinz)の豪子会社ハインツ・オーストラリア(豪ハインツ)傘下の食品メーカー、ゴールデン・サークル(GC)は、2008年にハインツに買収された後も缶詰に「豪州資本」の虚偽表記を行って…
  • 輪作に豆科導入、CO2排出量削減へ

    穀物栽培の輪作にマメ科の牧草や作物を取り入れることで二酸化炭素(CO2)排出量を削減できると、豪州の地質学者が推奨している。19日付ウィークリー・タイムズが伝えた。クイーンズランド(QLD)州環境資源管理省のラム・ダラル…
  • グレートサザンのオリーブ、収穫で合意

    破たんした植林大手グレート・サザンのオリーブ農園の取り扱いについて、清算人のフェリエ・ホジソンは果実を収穫することでオリーブ農園購入者と合意した。18 日付シドニー・モーニング・ヘラルドが報じた。フェリエは昨年末、グレー…

アーカイブ

メルマガ登録

Facebook

ページ上部へ戻る