アーカイブ:2010年 12月

  • 野菜生産団体、中国産の健康リスク指摘

    豪州への輸入が拡大している中国産野菜は食品安全性に対する取り組みが十分ではなく、健康被害を引き起こす懸念がある――。野菜生産者団体オースベジ(AUSVEG)が警鐘を鳴らしている。第3国を経由して産地を偽る手口も明るみに出…
  • 東部産小麦、品質に懸念 収穫期の大雨で規格引き下げ

    西オーストラリア(WA)州産小麦の記録的な不作に続き、東部でも品質低下に重大な懸念が広がっている。収穫期の11 月〜 12 月、内陸部の穀倉地帯では大雨が断続的に降り、おおむね平年の2倍以上の降水量があった。…
  • 全農連、マレー川水資源計画案に意見書

    マレー・ダーリング川流域水資源計画案に反対している全国農業者連盟(NFF)は17 日、同計画案に対する意見書を公表した。NFFは「計画案は死んだ」と断定し、マレー・ダーリング川流域庁(MDBA)と連邦政府に水資源政策の抜…
  • 子羊の仕入値高騰、1キロ700セント超

    供給不足による需要の高まりを受け、羊の関連業者は子羊の再仕入れに最高で1キログラム当たり700豪セント超を投じている。22 日付ウィークリー・タイムズが伝えた。加工業者と生産者からの引き合いの多さを背景に子羊価格は急騰し…
  • 動物保護団体の新広告、豚肉業界が反発

    動物保護団体アニマルズ・オーストラリアが年末にかけて、養豚場で使用されるソー・ストール(S o wStalls)と呼ばれる分べん檻(おり)を批判するラジオ広告を開始した。同団体は2008 年に根拠のない広告キャンペーンを…
  • 飼料と牛乳品質の関連調査、一次産業省

    酪農牛に与える飼料を変えることで、牛乳の品質や味、成分にどのような影響を及ぼすか、一次産業省が調査を実施した。17日付ウィークリー・タイムズが伝えた。調査は、同省の研究員とメルボルン大の学生が共同で行った。異なる飼料で飼…
  • VIC州乳牛品評会、NZ産血統が受賞

    先ごろ行われたリーディング・エッジ・ジェネティクスの品評会で、ビクトリア(VIC)州ウォンロン(Won Wron)で牧場を経営するポール・マムフォード氏が出品したジャージー種の雌牛、キ…
  • 「ガラス瓶に魅力」、牛乳容器好み調査

    牛乳購入者の50%、風味付き牛乳購入者の51%は、ガラス瓶に入った商品を魅力的と感じる――。ガラス製品メーカー世界大手、米オーウェンズ・イリノイ(O―I)の現地法人、O―Iオーストラリアがこのような調査結果を公表した。2…
  • WA州酪農家、乳業組合破たんで窮地に

    西オーストラリア(WA)州の酪農業界では、過去40年で最悪といわれる干ばつ被害に加え、乳業協同組合チャレンジ・デアリーの破たんによって生産者が窮地に立たされている。17 日付ウィークリー・タイムズが報じた。牛乳加工会社チ…
  • NZのネット牛乳価格、9月来の最高値

    干ばつが牛乳生産量に与える影響に対する懸念から、ニュージーランド(NZ)のオンラインの牛乳競売価格が過去3カ月の最高値をつけている。22 日付ウィークリー・タイムズが伝えた。NZ乳業大手フォンテラが運営するオンライン競売…

アーカイブ

メルマガ登録

Facebook

ページ上部へ戻る