アーカイブ:2011年 7月

  • 客の購買心理

    安売りで知られる豪州の日用品チェーンで、男性用ボディシャンプーを買った。ここなら最も安いという安心感があったからだ。だが後日、自宅近くのスーパーで、同じ商品が1豪ドル(約88円)も安く売られているのに気が付いた。別の日に…
  • 炭素価格の導入、乳製品の生産コスト増大へ

    連邦政府が計画する炭素価格の導入により、乳製品の生産コストは増加する見通しだ。業界各社は現在、炭素価格の影響の試算を行っている。26日付ウィークリー・タイムズが伝えた。 ギラード首相は先ごろ、炭素価格が1トン当たり2…
  • 酪農家の8%「13年までに廃業するつもり」

    酪農研究機関デアリー・オーストラリアの調査によると、南オーストラリア(SA)州の酪農家の8%が、2013年までに廃業していると考えていることが分かった。背景には、スーパーマーケット大手の価格競争や炭素税の導入のほか、干ば…
  • NZの乳加工品価格、中国の需要低下で下落へ

    中国の需要低下に伴う国際価格の下落に伴い、ニュージーランド(NZ)のバターとチーズの価格は来月にも値下がりする見通しだ。ただし、牛乳価格は横ばいとなる見込み。23日付NZヘラルドが伝えた。 粉乳の国際価格は先ごろ、1…
  • 酪農家の58%に打撃、牛禁輸の影響調査

    豪農業資源経済・科学局(ABARES)が6月24日〜7月1日にかけて行った内部調査でこのほど、インドネシア向けの牛輸出禁止は、牛27万4,000頭と同国向け牛生育農家の58%の経営と、326人分の雇用に影響を及ぼした…
  • インドネシア向け牛輸出まだ、9月以降再開か

    豪畜産最大手オーストラリアン・アグリカルチュラル・カンパニー(AACo)は、インドネシアへの牛輸出再開は9月以降になると見込んでいる。インドネシアからの需要があるにもかかわらず、連邦政府が新たに設けた規則を満たすのが困難…
  • QLD州で犬にも感染、ヘンドラウイルス

    クイーンズランド(QLD)州などで確認されている、人と馬へ感染するヘンドラウイルス(Hendra Virus)感染症でこのほど、犬への感染が初めて確認されたことが分かった。これまで馬、人、オオコウモリの3種類でのみ感染が…
  • 食肉2社の合併計画、NSW農業連盟が懸念

    クイーンズランド(QLD)州に拠点を置く食肉加工大手テイズ(Teys)・ブラザーズが、米農業大手カーギル傘下のカーギル・ビーフ・オーストラリアと合併する計画を進めている。ニューサウスウェールズ(NSW)州農業者連盟(…
  • 畜産大手AACo、牧場を資源大手に売却へ

    畜産大手オーストラリアン・アグリカルチュラル・カンパニー(AACo)はこのほど、スイスの資源大手エクストラータ(Xstrata)とクイーンズランド(QLD)州にあるAACoの牧場を売却することで合意した。売却資金は自…
  • 羊肉加工大手のCRF、三つ巴の買収争いが過熱

    豪羊肉加工最大手CRFをめぐる買収が過熱している。加工肉の大卸先である小売り大手コールズに加え、ECアグリビジネス、さらに食肉加工のミッドフィールド・ミート・グループが参戦し、三つ巴の様相を呈している。27日付シドニ…

アーカイブ

メルマガ登録

Facebook

ページ上部へ戻る