アーカイブ:2011年 7月

  • メルボルンの野菜市場移転、資金難に直面

    ビクトリア(VIC)州のメルボルン市街地に位置する野菜市場はメルボルン北部のエッピングに移転する予定だ。ただその建設費用に関しては資金調達が難航している。21日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。…
  • サイクロンの被害深刻、バナナとサトウキビ

    今年2月にクイーンズランド(QLD)州を襲ったサイクロン「ヤシ」の発生から約半年が経過したが、サトウキビやバナナを生産する農家は依然として経営再建に苦しんでいる。19日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが…
  • 豪でヘンドラウイルス拡大、マレーシアが馬禁輸

    豪州東部で馬への致死性ヘンドラウイルス(Hendra Virus)感染が拡大していることを受けて、マレーシア政府が豪州からの馬輸入を今月8日から禁止していたいことが分かった。 マレーシア政府は豪州でのヘンドラウイルス…
  • WA州GMカノーラ売れ残り、低品質が原因

    西オーストラリア(WA)州では昨年、4万9,000トンの遺伝子組み換え(GM)カノーラが売れ残ったことが分かった。ただし、干ばつに伴う品質の悪化が理由で、GM小麦に対する市場の反発が原因ではないという。18日付ランド…
  • リンゴをかじる

    外国産リンゴが過剰に流入してしまうとして、豪州国内は生産者から消費者まで不安を隠せないでいるようだ。外国産のリンゴは見た目がやや異なることもあり、いろいろと議論を呼んでいるようだ。新聞には、中国産リンゴは「赤くも青くもな…
  • 乳製品価格、国際的に下落傾向に

    国際的な乳製品価格が下落傾向にある。ニュージーランド(NZ)乳業大手フォンテラが運営するオンライン競売システム「グローバルデアリー・トレード」では6日、平均価格が6.7%減の1トン当たり4,017米ドルとなり、1月18…
  • 第1回 欧米の ヘッドハンティング

    非常に親しいスロベニア人の友人が、中国でワインバーのマネージャーをしていた。していた、と過去形にしたのは、その彼がつい最近、誰もがよく知る某欧米系ファストフードチェーンの大中華圏マネージャーとしてヘッドハンティングされた…
  • 豪政府、生体羊の輸出規準も厳格化

    豪州政府が、生体牛輸出規準の厳格化に続き、生体羊の輸出規準も厳格化されることが明らかになった。豪州の牧場から解体施設までのサプライチェーンを追跡可能とすることが条件化される見込みだ。14日付地元各紙が伝えた。 ラドウィ…
  • 豪ラム肉が英国市場へ、テスコも仕入れ開始

    豪州産のラム肉は英国市場の開拓を開始し、先行きは良好のようだ。豪輸出業者は常に供給が可能として、欧州連合(EU)の羊肉割当量の増加を希望している。ただ、英国大手スーパーからはミュールジング(羊への蛆虫の寄生を防ぐため、…
  • 豪産ラム肉輸出先、中東が米抜き最大に

    2010/11年度(10年7月〜11年6月)の豪州産ラム(子羊)肉の輸出先で中東が米国を上回り、初めて最大となった。13日付ウィークリー・タイムズが伝えた。 中東向けの10/11年度のラム肉輸出は3万6,522トン、…

アーカイブ

ウェルスのトリビア

シドニー郊外に住む中国人が、最低10人の仲間が盗んだ粉ミルクを安価で買い取り、中国に不法に送っていたことが分かりました。その中国人は判明時点までに、少なくとも何個の粉ミルクを送っていたのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る