アーカイブ:2011年 11月

  • 世界の植物油生産量が1.5億トン強に、米農務省が予想

    米農務省は、今年の植物油の生産量が1億5,160万トンで、そのうち1億1,480万トンが食品セクターに利用され、3,400万トンがバイオ燃料と化学産業に利用されると予想している。バイオ燃料への利用は、08/09年度、09…
  • 中国系COFCO、豪製糖組合の買収額引き上げ

    中国政府系で穀物大手の中糧集団(COFCO)は17日、買収したタリー・シュガーを通じた、クイーンズランド州拠点のプロサーパイン製糖協同組合(PCSMA)の買収提示額を1億2,800万豪ドル(約98億円)に引き上げた。ただ…
  • 製糖産業、外資による買収進む

    オーストラリアの製糖産業では、外資による買収が加速している。世界の砂糖需要が増加しつつある上、砂糖価格も高値を維持するとみられていることなどが背景にある。外資による初めての投資は、20年ほど前に国際的な製糖大手テイト&ラ…
  • 米先物市場でチーズ価格が急落、3年来の下げ幅

    米先物市場でチェダーチーズ価格が落ち込んでいる。下げ幅は2008年12月以降で最大。年末の休暇期間の必要分が行き渡ったのが理由とみられる。ブルームバーグの報道を基に、22日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが…
  • 乳業ベガ、同業ワーナンブールの持株引き上げ

    ニューサウスウェールズ州ベガ拠点の乳製品加工業ベガ・チーズはこのほど、ビクトリア(VIC)州の同業ワーナンブール・チーズ&バターの持株比率を16%以上に引き上げたことを明らかにした。市場でさらに買い進め、19.9%の取得…
  • 9月牛乳生産量は6%増、TASとVICが貢献

    酪農研究機関デアリー・オーストラリアによると、9月の豪州の牛乳生産量は、前年同月比6.4%増の9億3,020万リットルに上った。タスマニア(TAS)州で同0.7%、ビクトリア(VIC)州で同8.8%それぞれ増加したことが…
  • 鶏ブランドの表記規制、牛肉業界にも波及か

    豪自由競争・消費者委員会(ACCC)が先月、ステグルズ(Steggles)とラ・イオニカ(La Ionica)の鶏肉ブランドが商品説明に「小屋の中を自由に歩き回れる状況(Free to roam in barns)で飼育…
  • 乳牛の飼料転換効率、適量適時が鍵

    酪農研究機関デアリー・オーストラリア(DA)は、乳牛の飼料転換効率を高めるためには、適切な量を適切なタイミングで与えることが重要だと指摘している。飼料が新鮮で口当たりが良いことも条件の一つという。23日付ウィークリー・タ…
  • 豪州の鶏肉消費量、1960年代の約10倍に

    豪国内の鶏肉の年間消費量は1人当たり平均43.9キログラムで、1960年代の約10倍に増加している――。豪州鶏肉連盟(ACMF)がこのほど発表した報告書で明らかになった。1人当たりの消費量ではブラジルに次いで世界2位とい…
  • コールズ、WA州の牛肉供給でハービーと契約

    小売り大手コールズはこのほど、西オーストラリア(WA)州の店舗で販売する牛肉を、地場のハービー・ビーフからのみ購入すると発表した。コールズはWA州でハービー・ビーフのほか、ウエスタン・ミート・パッカーズ(WMP)と契約し…

アーカイブ

メルマガ登録

Facebook

ページ上部へ戻る