アーカイブ:2012年 2月

  • 雑草処理で新技術、メルボルン大などが開発

    メルボルン大学の上級講師であるグラハム・ブロディー氏と農業工学の専門家はこのほど、化学薬品を使用しない雑草処理装置の開発で目覚ましい成果を上げたことを明らかにした。ランドが伝えた。 ブロディー氏らが作成した「プロトタイ…
  • 綿花など農業生産にも打撃、東部2州の洪水

    ニューサウスウェールズ(NSW)州北部とクイーンズランド(QLD)州南部で発生している洪水が、同地域の綿花生産に打撃を与えている。依然広範囲で冠水しており、被害の全容は明らかになっていないものの、NSW州第一次産業省は初…
  • NSW州の農地保護政策、資源業界が反対

    ニューサウスウェールズ(NSW)州政府は現在、食糧生産地域として指定された主要な農地における鉱業開発を禁止する政策策定を進めているが、資源・ガス業界からは反発が高まっている。与党保守連合(自由党・国民党)は同政策の導入を…
  • NZが中国市場戦略発表、関係強化へ

    ニュージーランド(NZ)外務貿易省はこのほど、中国との関係強化を図るための戦略「中国への扉を開ける―NZの2015年目標」を発表した。NZにとって中国は、人口の規模や経済成長で魅力的な市場であり、2国間貿易の重要なパート…
  • 海のエコ認証付き水産物、豪州で倍増

    豪州のスーパーマーケットでは昨年、持続可能な漁業によって捕獲された水産物として、「海のエコラベル」認証付きの水産物が倍増したことが明らかになった。小売り大手が積極的に取り入れていることが背景にあるようだ。4日付シドニー・…
  • 糖尿病患者向け食品に百万$、サイト創設者

    豪州で宿泊施設予約サイトを運営するワティフ(wotif.com)の共同創設者のブライス氏はこのほど、糖尿病患者向けの食品を扱う新会社「メイド・フォー・ユー・フーズ」に100万豪ドル(約8,000万円)を出資したことを明ら…
  • ワイン用ブドウ生産、今年は高品質に期待

    豪州のブドウ農園で収穫が始まる中、ワインメーカーの間では、今年のブドウの品質は期待できるとの見方が広まっている。ただ、生産量は2010/11年度の167万トンよりもやや少なくなる見通しだ。オーストラリアンが伝えた。 南…
  • ブドウ農園売買に明るい兆し、価格は回復せず

    豪州のワイン用ブドウ農園の売買に回復の兆しが見えつつある。ただ、農家はブドウ販売価格の低迷で苦難が続いている。6日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。 人気ワインの「イエロー・テイル」ブランドを製造…
  • 輸入オレンジジュース、残留農薬の検査実施へ

    豪州連邦政府は、輸入オレンジジュースに対して農薬「カルベンダジム」の残留検査を行う計画だ。米国は先月、ブラジル産のオレンジジュースから使用禁止のカルベンダジムが検出されたとして輸入を停止している。8日付ウィークリータイム…
  • 農業サービスのルーラルコ、本年度も好発進

    農業関連事業を展開するルーラルコ(Ruralco)は6日、2011/12年度第1四半期(11年10~12月)にほとんどの事業で好業績を達成したと発表した。ただし、ニューサウスウェールズ州北部とクイーンズランド州南部で発生…

アーカイブ

ウェルスのトリビア

大手小売りのコールズは、買い物に行きにくい人を優先するサービスを展開 しています。平日朝は高齢者や障害者に加え、ある職業の人たちも優先する そうですが、どの様な職業でしょうか?(答えはこちら

ページ上部へ戻る