アーカイブ:2012年 4月

  • NZのリンゴ生産者、今季も損失覚悟

    ニュージーランド(NZ)のリンゴ生産者は、市場回復の兆しが見えているにもかかわらず、今季も損失を覚悟しているもようだ。17日付ニルソン・メールが伝えた。 今季の初めは、ロイヤルガラ(royal gala)やコックスオレ…
  • ラム肉輸出、欧州・日本など小規模市場が成長

    パプアニューギニアや欧州連合(EU)、東南アジア、日本など、これまで規模が小さかった市場向けのラム(子羊)肉の輸出が伸びていることが、豪農林水産省の最新統計で明らかになった。豪州産のラム肉の30%がこれらの市場に輸出され…
  • トレジャリーワイン、新顧客管理システムを導入

    醸造大手フォスターズから事業分離したワイン会社トレジャリー・ワイン・エステーツ(TWE)が、顧客関係管理に関して、米ソフトウエア大手セールスフォース・ドットコム(Salesforce.com)とオンラインシステムの導入契…
  • 乳業大手が牛乳にパーミエイト添加=地元紙報道

    豪州の乳製品加工業界で、チーズ製造過程に出る副産物の限外ろ過液パーミエイト(Permeate)を牛乳に添加していることが分かった。17日付シドニー・モーニング・ヘラルドが内部文書を入手したとして報じた。背景には、小売り大…
  • NSW州でカノーラ生産が急増、小麦の価格不振で

    小麦価格の伸び悩みを背景に、ニューサウスウェールズ(NSW)州ではカノーラとヒヨコマメに生産を切り替える生産者が増えている。カノーラの作付け面積は今年、過去最高を記録する見通しだ。12日付ランドが報じた。 NSW州一次…
  • NZ乳業フォンテラ、中国河北省で農場開設

    ニュージーランド(NZ)の乳業大手フォンテラが、総額1億NZドル(約67億円)を投じて中国河北省に酪農場2カ所を開設する計画だ。同社のスピアリングス最高経営責任者(CEO)は、中国の中所得層の間で乳製品に対する需要が高ま…
  • 食肉加工JBS、豪ドル高でフィードロット閉鎖

    ブラジル食肉加工最大手JBS子会社のJBSオーストラリア(豪JBS)はこのほど、ニューサウスウェールズ州南部にあるフィードロット(飼育場)を閉鎖した。背景には豪ドル高があり、今後は牧草肥育牛生産に注力する方針のようだ。1…
  • 独系スーパーのアルディ、安売り戦略継続へ

    独系スーパーマーケットのアルディは、家電製品や衣料品の販売品目を拡大する中、食品雑貨の安売り戦略を今後も維持する方針だ。18日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。 アルディ・オーストラリアのトム・ド…
  • アップルサイダーの増税、蒸留酒業界団体が推薦

    豪州でアップルサイダー(りんごを発酵させたアルコール飲料)の需要が増加している中、豪蒸溜酒産業協議会(DSICA)はこのほど、「ストロングボウ」や「5シーズ」などの伝統的なサイダーブランドを対象に増税すべきとの意見書を連…
  • 小麦輸出でオンブズマン設立、上院委員会が提案

    豪連邦上院議会の地方問題・輸送関連委員会(RRATRC)が、小麦輸出に関するオンブズマン設置を求めている。また小麦の備蓄量情報が小麦産業に公平に行き渡るようなシステムの構築も望んでいる。17日付オーストラリアン・ファイナ…

アーカイブ

ウェルスのトリビア

シドニー郊外に住む中国人が、最低10人の仲間が盗んだ粉ミルクを安価で買い取り、中国に不法に送っていたことが分かりました。その中国人は判明時点までに、少なくとも何個の粉ミルクを送っていたのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る