アーカイブ:2012年 10月

  • 家庭菜園

    自分で栽培した水菜を初めて収穫した。豪州のスーパーで水菜が購入できないことから始めた自家栽培。放置しすぎたせいか、所々で花が咲いてしまったが、それ以外の部分は日本で購入する水菜と同じ味がして安心した。 豪州ではすでに初夏…
  • 米穀物メジャー、グレインコープを現金買収計画

    米国の穀物メジャー、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)がこのほど、豪州の東部州最大の穀物商社グレインコープに現金による買収案を提示した。買収提示額は27億豪ドル(約2,220億円)だ。ADMは世界最大手のトウ…
  • AWB、VIC州の大麦プール価格を発表

    小麦輸出大手AWBはこのほど、ビクトリア(VIC)州の大麦の予想プール価格(EPR)を発表した。ヒンドマーシュ(Hindmarsh)大麦が1トン当たり293豪ドル(約2万4,000円)、フィード1グレードが同290豪ドル…
  • コメ生産3割増見込み、種まき航空機需要増

    今シーズンのコメ生産量は、昨年の90万トンを30%上回る120万トンに達すると予測されている。そのため、航空機を用いた種まきの需要が高まっている。24日付ウィークリー・タイムズが伝えた。 航空機を操業するAGAサービス…
  • NZ乳業A2、中国販売で中国農墾控股上海公司指名

    ニュージーランド(NZ)に本社を置く乳業A2コーポレーション(A2C)は24日、中国での粉ミルクと乳児用粉ミルクの独占販売パートナーとして中国農業発展集団傘下の中国農墾控股上海公司を指名したと発表した。販売開始4年で5,…
  • VIC州乳業、食べ切りサイズの ヨーグルト発売

    米チョバーニ傘下のギップスランド拠点の乳製品加工業者ビード・フーズ(Bead Foods)が、人気急上昇中の「ギプスランド・デアリー」ブランドの「ツイスト」ヨーグルトで食べ切りサイズ(160グラム)を発売した。消費者が時…
  • MLA、日本の肉牛産業関係者を豪州に招待

    豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)は25日、「生産者から生産者へ(P2P)」プログラムの一環として、日本の牛肉産業関係者10名を豪州視察へ招待したと発表した。牛肉業界の活発化に向けて、日豪生産者による相互支援を模索するの…
  • 畜産AACo、NTに新食肉処理場建設

    畜産最大手オーストラリアン・アグリカルチュラル・カンパニー(AACo)はこのほど、新食肉処理場の建設計画を承認した。建設地は北部準州(NT)ダーウィンの南50キロメートル。投資額は8,500万豪ドル(約69億6,000万…
  • 食肉加工T&R、同業ホルコに50%出資

    南オーストラリア(SA)州に本社を置く食肉加工大手T&Rパストラルはこのほど、同州拠点の同業ホルコ・ミートの株式50%を取得したことを明らかにした。両社は過去30年以上にわたり、緊密な関係にある。23日付ランドが伝えた。…
  • コールズ、おりで飼育の豚肉と卵取り扱い中止へ

    小売り大手コールズが、来年1月からプライベートブランド(PB)を対象に、分娩檻(おり)で飼育された豚肉やケージ飼いされた鶏の卵の取り扱いを中止する方針だ。こうした食品の撤廃は、計画より1年早く実施される。 コールズの広…

アーカイブ

メルマガ登録

Facebook

ページ上部へ戻る