アーカイブ:2012年 12月

  • 収穫機の販売台数、今年も1,000台突破か

    今年1~10月までの収穫用農機具の販売台数が853台に達し、2年連続で1,000台を突破する可能性が高まっている。穀物の収穫規模が拡大するに伴い、エンジン出力が280キロワット(kw)以上の収穫機の売り上げが伸びており、…
  • ダンマーフィーズ、オンラインで酒類販売

    小売り大手ウールワース傘下の酒類販売店ダン・マーフィーズはこのほど、オンライン販売サービス「クリック&コレクト」を開始した。10日付ザ・シャウトが伝えた。 クリック&コレクトは、ダン・マーフィーズのウェブサイトで商品を…
  • NZシロップ最大手、韓国や英国への輸出拡大へ

    ニュージーランド(NZ)最大手のシロップ販売会社ショット・ベバレッジズが、韓国と英国、カナダ向けにシロップの輸出拡大を計画している。このほど投資家のコンソーシアム、ベバレッジ・ホールディングス(BHL)がショットの株式7…
  • 汚染食品を水際で阻止、10カ月で350件

    コレラ菌に汚染されたエビや人体に有害な殺虫剤を含むピーナツ、リステリア菌に汚染されたチーズなどの輸入が、豪州の水際で阻止されている。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。 豪検疫検査局(AQIS)はこのほど、今年1~…
  • マンゴー

    マンゴーを初めて食べたときのおいしさが忘れられず、いつか好きなだけマンゴーを食べたいと思い続けていた。パプアニューギニアを訪れて、鈴なりになるマンゴーを見た時、自分の願いがかなうと確信した。 さっそくマーケットで買い、…
  • 第37回 貧困を削減する貿易とは

    第37回 貧困を削減する貿易とは

    途上国の貧困に対し、自由貿易ではその対応をチャリティにまかす。反対に、フェアトレード(FT)は貿易を通じて、生産者が貧困から抜け出すシステムと話すニューサウスウェールズ大学のシェリル・カーノット准教授に、FTの仕組みにつ…
  • 11月の中国向け輸出、羊肉と牛肉ともに過去最高

    11月に中国向けに輸出された牛肉、マトン、ラム肉の出荷量がそれぞれ、過去最高を記録したことが、豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)の統計で明らかになった。豪産豚肉に対する需要も急増しているという。12日付ウィークリー・タイ…
  • ロシアがカンガルー肉輸入解禁、市場回復へ

    ロシア政府は先月、ほぼ4年ぶりに豪州からのカンガルー肉の輸入を解禁した。これを受け、アデレード拠点のマクロ・ミーツが試験輸出の準備を始めている。11日付オーストラリアンが伝えた。 ロシアは2009年、バクテリアに汚染さ…
  • NZで鶏のケージ飼い禁止へ、2022年から

    ニュージーランド(NZ)政府はこのほど、2022年に鶏のケージ飼いを禁止すると発表した。12月第1週からは、新規ケージの設置が禁止された。ウィークリー・タイムズが伝えた。 養卵農家を代表する養卵農家連盟(EPF)は、政…
  • 豪州産ラム肉、輸出が過去最高に

    オーストラリアからのラム肉輸出量が記録を更新している。11月末までに、2009年に樹立した年16万5,035トン(船積み重量、以下同)の記録を抜いており、年末までにさらに輸出量が伸びる見通しだ。高品質のオーストラリア産ラ…

和牛統一マーク

日本産和牛と外国産WAGYUを差別化

アーカイブ

ページ上部へ戻る