第5回 ムラサキウニ「よっ、待ってました!」

形が崩れていない、これぞ新鮮さの証

ついに待望の電話がかかってきました。「タスマニアのムラサキウニが入りましたよ」。今年は例年よりも1カ月程遅い入荷です。いつもは8月頃からシドニー市内のすし屋で見かけていたのですが、今年はどこに電話しても聞いても「入荷はまだですね」との返事ばかり。

オーストラリアのタスマニア州産のウニは他にも種類がありますが、その中でもムラサキウニは、個人的に、えぐみがほぼなく上品な甘みがあって好みです。昨年は12月頃には入荷が終了してしまい、限られた期間しか食べられないので、季節になると必ず注文します。

なぜ入荷が遅れているのかを、ほうぼうで聞いてみると、異常気象の影響はあるものの、どうやらムラサキウニをタスマニアで捕っている漁師がホリデーに出ていたとか、さらに彼らの労使交渉期間が延びたとか、うわさはいろいろ。タスマニアの気候が悪くてシドニー行きの飛行機が飛ばないと、入荷もしないそうで、そんなさまざまな幸運の上にやっとお目見えした貴重な今季初ムラサキウニ、心して頂きます!

  • 出現度 :★★
  • 期待度 :★★★★★
  • 漁師依存度 :★★★★★

【店舗情報】

  • 店名:Kisuke Japanese restaurant
  • 住所:2/56-58 Frenchs Rd, Willoughby NSW 2068

ウニは塩で食べるのがオツです。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

長引く干ばつが、オーストラリアの農業に大きな影響を与えています。さて、クイーンズランド州農業省の研究者が推奨した、干ばつには特段に強く栄養価も高いマメは何でしょうか?(答えはこちら

ページ上部へ戻る