第8回 スカーレットプローン「クリスマスと言えば?」

中央、濃い赤色がひときわ目立ちます

クリスマスはフライドチキン…ではなくエビを食べるのがオージー流。

めったに食べられない幻のエビと言われる、スカーレットプローンを頂く機会がありました。スカーレットの名にふさわしく、深紅の色がどことなく気品を感じさせるのは、さすが幻の風格といったところでしょうか。頂いたのはクイーンズランド州産の天然物で、早ければ12月末で食べられる時期が終わってしまうそう。以前は違う名前で呼ばれていたそうですが、最近スカーレットプローンに変わったようで、名付け親グッドジョブです。

昆布締めでさらにねっとり、うまみもたっぷり

口当たりは甘エビに似たねっとり感で味も濃厚、エビ好きなあなたの期待を裏切りません。大きさは違いますが、安いロブスターを買うよりもこちらの方が個人的にはおすすめです。実際にはロブスターより高い可能性もありますが。だからといって、クリスマス前にフィッシュマーケットでエビを求める長蛇の列に並ぶ気力はありませんが、幻のエビに出会えたことを祝ってメリークリスマス。

・鮮やか度:★★★★
・メニュー出現度:★
・名前ぴったり度:★★★★★

【店舗情報】
・Shiki Japanese Restaurant
・35 Harrington St, The Rocks, NSW, 2000, Australia
・shiki.com.au

 

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

世界最大のバラマンディ(スズキ目の白身魚)養殖業者メインストリーム・アクアカルチャーが販売する、個人飼育用で希少価値が高いゴールデン・バラマンディの価格はいくらでしょうか?(答えは記事中に

ページ上部へ戻る