第27皿 アコヤ貝 「当たりはあるか」

Akoya─エイコヤ?なんだそりゃ?オージーは「A」をアではなくエイと発音するので、最初はこのメニューが何なのか分かりませんでした。でもこれはアコヤと読み、真珠で有名なアコヤ貝です。

貝殻はさすが、きれいな色でした

アコヤ貝は日本では、あまり食材として出回っていないので、食べるものという認識がなかったのですが、オーストラリアでは身を食べるようです。西オーストラリア州産だそうで、確かに同州のブルームや木曜島は真珠が有名だったことを思い出しました。

メニューではオイスターと同じような扱いで書かれており、どうやら生で食べる様子。生臭さはなく淡泊で、生ガキが得意でない方は、アコヤ貝の方があさりのようで食べやすくてオススメです。後で調べると貝柱がおいしいらしく、もったいない精神で貝柱まで取って食べておいて良かったと、ひと安心。カキのように食中毒で当たる危険性もなさそうです。ただ当然のように真珠は入っていません。でもオージーのことだから”当たり”の真珠入りアコヤ貝がうっかり紛れているかもなんて期待してしまいます。【井戸田好美】

メニューには貝柱がおいしいという記述はなかった

・レア度 :★★★
・ドキドキ度 :★
・海の宝石箱度 :★★★★★

【店舗情報】
The Garden
115 Liverpool Rd, Ashfield NSW, Australia
https://westsashfield.com.au/the-garden/

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ニュージーランド貿易経済促進庁が対日貿易促進で重視する3つのCとは、Connection(つながり)とCommitment(責任)と、あと一つは何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る