第221品 スニーキー・ホールフーズのスーパーバー

もっさりしっとりした食感ですが口溶けはよいです

オーストラリアは中小の食品会社がさまざまなスナックバーを作っています。ただ、別の州で商品を売るのがなかなか難しいようで、他州の製品を手にすることが難しいことも。

一方、西オーストラリア(WA)州パースに拠点を置く食品会社スニーキー・ホールフーズは、自社製スナックバーの販売をWA州だけにとどまらず、ニューサウスウェールズ州やクイーンズランド州など、オーストラリア東部でも販売しています。

同社が販売するスナックバーは、5豪ドル(1豪ドル=74円)で手に入ります。包装は、フレイバーごとに合わせた色を選んでいます。今回選んだ、ブルーベリー・カシュー・ホエープロテイン味は、ブルーベリーに合わせた紫色の包み紙でした。肝心のスナックバーですが、口に入れた時の食感はソフトでもっさり、しっとりしていますが、意外に口溶けがよいのに驚きました。味は甘酸っぱいながら、ブルーベリーらしくなく、不思議な味です。(欣達)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

中国が追加関税の取り下げ方針を明らかにし一安心のオーストラリアの砂糖業界ですが、砂糖業界は別の国との貿易問題にも悩まされています。さてどこの国とでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る