第227品 ボンダイ・サーカスの「コールド・ブリュー・コーヒー」

ウィスキーの小瓶のようですがコーヒーです

オーストラリアでコーヒーと言えば、カフェで飲む機会が多いでしょう。一方、スーパーマーケットで売っているコーヒーは、コーヒー牛乳のような甘ったるいものが多いようです。ただ、最近は無糖のブラックコーヒー系飲料も見られます。

今回紹介するのは、ビーチが有名なシドニーのボンダイを拠点とする、ボンダイ・サーカス社のコーヒー飲料です。同社は、オーガニックのコーヒー豆を、専門のコーヒー業者に依頼して特別にローストしてもらっているとか。さらに、カフェで飲むコーヒーとの差別化を図るため、あえて水出しコーヒーにこだわっています。水出しには、平均16時間をかけた上で、脂分や沈殿物を除去するために3回もフィルターを通しているそうです。

できあがった製品は、3.8豪ドル(1豪ドル=約75.5円)で販売されている「オーガニック・コールド・ブリュー・コーヒー」です。味の方は、酸味が薄くほのかに甘い、なめらかな味わいとなっています。(欣達)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリア政府が計画している生鮮食品輸出に関する手数料の変更で、輸出コストは何%増加する見通しでしょうか?(答えはこちら

ページ上部へ戻る