第233品 ヤラ・フーズのクレームカラメル

シンプルな容器にクリームがぎっしり

日本にいた頃、会社帰りにふらっと立ち寄ったコンビニで、100円のプリンを買って身も心も癒やされた経験があります。オーストラリアでは日本らしいとろっとしたプリンも、卵たっぷりの固めのプリンもあまり見かけず、重たく甘いクリームが固まったような「クレームカラメル」が主流です。日本のものとは別物なのでわざわざ選んで買うことはありませんでしたが、ヤラ・フーズのクレームカラメルをスーパーで見かけたとき、手作り感あふれる見た目と素朴なパッケージに、思わず手が伸びました。

ヤラ・フーズはシドニーに拠点を置く食品会社で、グルテンフリーのスイーツやスープ、ディップソースなどを製造しています。レストランや国際的なホテル、航空会社のケータリング用などに卸しているそうですが、スーパーマーケットでも販売されているため気軽に手に入ります。

肝心のクレームカラメルの味はと言うと、かなり甘いですが、バニラの香りがよく食感はあながち悪くありません。値段は3.95豪ドル(1豪ドル=約74円)。コンビニプリンが恋しくてたまらなくなったら、試してみてはいかがでしょう。(岩下)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

世界最大のバラマンディ(スズキ目の白身魚)養殖業者メインストリーム・アクアカルチャーが販売する、個人飼育用で希少価値が高いゴールデン・バラマンディの価格はいくらでしょうか?(答えは記事中に

ページ上部へ戻る