第249品 ケッズキッチンのグルテン・デイリーフリークッキー

グルテンとデイリーが「FREE」だと強調

多民族国家なオーストラリアでは、宗教上の理由で食べられない食材がある人や、さまざまなアレルギーを持つ人が暮らしています。ピーナツなどは特に危険視され、20年ほど前から学校への持ち込みが禁止されています。また日本人には比較的少ないグルテンアレルギーも、オーストラリアでは珍しいものではありません。今回紹介する「ケッズキッチン」のクッキーは、グルテンフリーのうえ、乳製品不使用のデイリーフリーでもあります。

ケッズキッチンは、1991年に家族経営で始まりました。母親が焼くチョコレートチップのクッキーが大好きだったケッズ氏は、より多くの人においしいクッキーを食べてもらいたいと思い、ケッズキッチンを創設。それ以来、母親のレシピを参考にしながら、クッキーなどさまざまな焼き菓子を販売しています。

ケッズキッチンの「グルテン・デイリーフリー」シリーズのラズベリー味は、乳製品を使用した他社のビスケットなどと味の差は感じられません。グルテンアレルギーや乳製品のアレルギーがある方も、十分満足できます。ただ中に入っているラズベリークリームは、ラズベリーの味があまり感じられず、ただの甘いクリームという印象でした。価格は7豪ドル(1豪ドル=約73円)です。(瀬戸内)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

世界最大のバラマンディ(スズキ目の白身魚)養殖業者メインストリーム・アクアカルチャーが販売する、個人飼育用で希少価値が高いゴールデン・バラマンディの価格はいくらでしょうか?(答えは記事中に

ページ上部へ戻る