第278品 オルソンズのスモークソルト

一般的な塩以外にもグレー塩やトリュフ塩などいろいろな種類がある

日本で販売される多くの塩の原産国が、実はオーストラリアだということは意外に知らない方もいらっしゃるかもしれません。オーストラリアの気候は良質な塩を生み出すのに適しており、産地も多いです。今回は老舗メーカーの商品を紹介します。

オルソンズは、1950年から製塩を手がける、オーストラリアで最も歴史のある企業です。グレートバリアリーフとグレート・オーストラリア湾という2カ所の海水を天日で干して製塩していることで有名です。

スモークソルトは、海塩をオーストラリアに生育するレッドガム(アカユーカリ)のチップで薫製をした塩で非常にユニークです。実は北ヨーロッパの伝統的な製法で、ふたを開けただけで薫製の香りが立ちます。大粒のフレーク状になっており、料理中に使用するというより、天ぷらや刺し身、ステーキなど、塩をつけて食べる料理に直接振りかけるとおしゃれです。

価格は90グラム入りで10.9豪ドル(1豪ドル=約80円、価格は調査時点)大粒で少量ずつ使うため、長持ちします。(花坊)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

南オーストラリア州のワイナリーが米国市場に進出します。彼らがキャンペーンを行う予定の米国最大のワイン販売サイトの名前はワインドットコム。では、世界で最もダウンロードされているワイン購入アプリは?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る