第284回 オーギルビー&コーの黒トリュフリゾット

高級感のあるデザインで、開けるとトリュフの良い香りが広がります

オーストラリアがトリュフの産地であることは意外に知らない方も多いかもしれません。オーストラリアでは国産のトリュフを使ったメニューや食品が数多くあります。

オーギルビー&コーのトリュフリゾットは、既にトリュフと調味料と米がブレンドされて売っているので、調理が簡単で便利です。フライパンにバターと本品を入れ、炒まったら鶏ガラスープを入れて煮込めば、簡単に本格的なトリュフリゾットを味わうことができます。

オーストラリア産のアルボリオ米とトリュフを使用しているので、瓶詰めでなく同じく中身が見えるパウチ状など軽いパッケージにすれば、おしゃれかつ手軽に本物のトリュフが味わえるとして日本でも人気が出そうです。またコロナ禍の内食としても重宝されそうです。

オーギルビー&コーは西オーストラリアの家族経営企業で、トリュフを使った製品を数多く製造しています。

価格は300グラム入りで18.95豪ドル(1豪ドル=約82円、価格は調査当時)調理すると2-3人前はあるのでレストランで食べるよりも断然お得です。(花坊)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

南オーストラリア州のワイナリーが米国市場に進出します。彼らがキャンペーンを行う予定の米国最大のワイン販売サイトの名前はワインドットコム。では、世界で最もダウンロードされているワイン購入アプリは?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る