第292品 ベレビュー・オーチャードの「グラニースミス&ミント」

ミント風味が絶妙のりんご果汁炭酸飲料

日本では地域おこしの流れから、「アップル・サイダー」や「アップル・ソーダ」、「スパークリング・アップル」などと呼ばれる御当地リンゴ果汁炭酸飲料が、各地で製造・販売されています。ただ、ウェルスは今回が500号ですが、リンゴは500種どころから、世界で1万5,000種あると言われており、違うリンゴを使えば、違う味のリンゴ果汁炭酸飲料になるでしょう。

オーストラリアでも多くの品種のリンゴが生産されており、日本のように御当地リンゴ果汁炭酸飲料もいろいろと手に入れることができます。今回紹介するのは、ビクトリア州の食品製造会社ベレビュー・オーチャードのリンゴ果汁炭酸飲料。1952年に創業した同社は、オーストラリアで偶発実生から開発された青リンゴのグラニースミス種を使ってリンゴ果汁炭酸飲料に仕上げました。

4.75豪ドル(1豪ドル=約84円)で入手できる同社の「グラニースミス&ミント」は、その名の通りミント入りで、甘酸っぱいリンゴにさわやかな風味を加えており、お勧めの味に仕上がっています。(欣達)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

豪中間の貿易摩擦で多大な影響を受けているワイン業界ですが、減少した中国向けの穴を埋める形で急増したワイン輸出先があります。さてどこの国でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る