第297品 プロパースナックフードのプロパークリスプス

ちょっとレトロな感じがおしゃれ

時々無性にポテトチップスが食べたくなるときがあります。一度誘惑に負けて袋を空けてしまうと、次から次へと袋に伸びる手は一向に止まる気配はありません。カロリーが高いと分かってはいるのに、それでも食べてしまうポテトチップス。そんな皆さんにうってつけのヘルシーでおいしいポテトチップスを見つけました。

今回ご紹介するのは、2007年に設立したニュージーランド(NZ)のポテトチップス会社プロパースナックフードのプロパークリスプス、ローズマリー&タイムのフレーバーです。NZ産のこだわりのジャガイモを使用しており、原材料はジャガイモ、ひまわり油、シーソルト、ローズマリー、タイムのみです。うまみ調味料のMSGが一切入っていない、健康志向のポテトチップスです。同社はNZの食品生産者金賞を2020年から2年連続で受賞しています。

販売しているポテトチップスの種類は豊富で、定番の塩味から人気のバーベキュー味、オニオンフレーバーなど日本人でも楽しめそうです。また、ポテトチップスの他にも、サツマイモやにんじんなどの野菜チップスやトルティーヤチップスなども販売しています。

ウールワースやIGAなどのスーパーで購入可能。価格は4.6豪ドル(1豪ドル=約85円、調査当時)です。パッケージもおしゃれでかわいく、ホームパーティーの手土産にもぴったりな商品です。(弥生)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

食肉最大手JBSオーストラリアが豚肉生産最大手のリバーリー(Rivalea)を買収しましたが、リバーリーのオーストラリアの豚肉生産シェアは何%だったでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る