第321品 ネクスバのアップルサイダー(ビネガー)

酸っぱい炭酸飲料好きにアピール?

日本ではリンゴ酢の効能が注目され、輸入品や国内産などさまざまな商品が入手可能になりました。ただ、そのまま気軽に飲めるリンゴ酢サイダーで、ひと味ひねったものとなるとなかなかないようです。輸入品が多いなら、リンゴ生産大国であるオーストラリア産のリンゴ酢サイダーを試してみるのもいいのではないでしょうか。

数あるリンゴ酢サイダー製造・販売会社の中でも、飲料会社ネクスバ(nexba)は、砂糖なし・無添加にこだわった各種の飲料を開発しています。2010年に、社名をメキシコのネクスパ(Nexpa)ビーチにちなんで創業した同社は、アイスティーの販売から始めました。その後、コンビニエンスストア「セブンイレブン」との契約を皮切りに、小売り大手のコールズへの納入にも成功する中で、コンブチャなど商品も増やすなど着々と事業を拡大させています。

2.5豪ドル(1豪ドル=約84円)で販売するリンゴ酢サイダーは、こだわりを発揮して、人体に良い影響を与える微生物を添加したプロバイオティック製品となっています。さらに、ただのリンゴ酢サイダーでは終わらず、あえてクリームソーダ風味にしてひとひねりしているところが、またもう1本飲みたい気分にさせてくれます。(欣達)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

メルボルンのスタートアップ、バーディーが、ハエの幼虫を使ったゴミ処理ビジネスを展開しています。さて、このエコビジネス、処理過程で発生するのは水と何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る