第29品 ネーチャーズ・カッパ・ティー &コーヒー

オーストラリアで「Cup of Tea?(お茶はいかが?)」と勧められる時、実際の発音は「カッパティー?」と聞こえます。そんな慣れ親しんだオージーイングリッシュを商品名にしてしまったのが今回紹介するネーチャーズブランドの「カッパ・ティー&コーヒー(Cuppa Tea & Coffee)」です。

この商品のこだわりはオーガニック、そして環境保全に注力していることです。そのため、自社の商品を「エコ・オーガニック商品」とウェブサイトで紹介しています。運営しているのは、家族経営のEatRite Australasiaで、紅茶を中心にハーブティーやコーヒーも販売しています。

実はこの商品を知ったのは、カンタス航空の機内でした。機内で供される食事や飲料はさまざまな国籍、文化、宗教など背景の異なる人たちを対象としますから、「エコ・オーガニック」は大切な基準といえます。また、機内ではティーバッグに湯を注いで提供するため85℃くらいの湯しか使えませんが、同商品は色の出が良いので重宝されていたようです。味もしっかりとしているので、ミルクティーに向いています。

オーストラリア国内では、主力スーパーマーケットやオーガニック食品店などで入手できます。価格はティーバッグ(1箱60個入り)約6.5豪ドル(1豪ドル=80円、価格は調査当時)程度です。(妙子)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

生産高660億豪ドルと好調なオーストラリアの農業界ですが、なぜか輸出はふるいません。何故でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る