第46品 アンガス・パークの干しアンズ

オーストラリアでは手軽につまめて、持ち運べるドライフルーツやフルーツサラダが人気です。アンガス・パークは南オーストラリア州バロッサ・バレーで1911年に創業された老舗企業で、同社のドライフルーツ商品は国内の大手スーパーマーケットで販売されています。ちなみに、同社は2011年に中国の大手食品グループ、上海光明食品集団(ブライト・フーズ)の傘下に入っています。

同州リバーランドで厳選して収穫されたアンズ(アプリコット)は、手作業でカット後、最適な湿度環境下で2日間日干しされ、5〜6日で乾燥させており、天然のオレンジ色を保っている一品です。

味は甘さと酸味のバランスが良く、鉄分が豊富のため、貧血気味の女性に特におすすめです。商品価格は225グラム入りで約8豪ドル(1豪ドル=約75円、価格は調査当時)。チーズやビスケット、ケーキの上に乗せても合い、カレーに混ぜて調理する人もいます。

同社商品には他にも、プルーンやリンゴ、桃、ナシ、クランベリーなどがあり、海外のシリアルメーカーにも提供しています。トルコ産の安価なドライフルーツとブレンドしている商品もあるようです。(栗生)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

食品業界で流行の概念「クリーンラベル」とはどういった概念でしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る