第162品 ガレージプロジェクトのクラフトビール

ユニークなデザインはお土産にも喜ばれそうです

ニュージーランド(NZ)に行ったらクラフトビールを飲まずして帰れません。スーパーにはさまざまなクラフトビールが並び、クラフトビールの種類では、日本やオーストラリアを明らかに凌駕しているのではないでしょうか。その中でも特に種類豊富かつ個性的なパッケージデザインと種類の多さで目を引くのがウェリントン市にあるガレージプロジェクトのクラフトビールです。

その名の通り、ガレージを改装して作られた醸造所ですが、今までにハラペーニョやシャンパンといった個性的な味のビールを生み出している注目の醸造所で、2017年のベストビールトップ3にも選ばれています。醸造所の横にバーカウンターがあり、出来立てのビールを楽しむことができます。

今回は、スーパーの棚で思わず目についた「初恋」という名のビールを選んでみました。

恋と鯉をかけたのか、さわやかな水色のデザインが目を引きます。日本にインスパイアされたというビールの味は、一口飲んでみると甘酸っぱいレモン味…ではなく、麦芽大麦と米のしっかりとした酵母の香りがします。苦みも少なくすっきりと飲みやすいライトな味です。アルコール度は5%、330ml入りで4.5NZドル(1NZドル=約75円、価格は調査当時)とお手頃価格なのも嬉しいところです。(花坊)

関連記事

編集後記・お知らせ過去の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る