第167品 アライブフーズの「フローズボールズ」

チェリーやチョコミント味など他にもたくさん種類があります

オーストラリアやニュージーランド(NZ)のスーパーやカフェで見かけるこのボール状のお菓子。一見、チョコボールのように見えますが、違います。最近日本でも美容や健康に良いと話題のブリスボールです。

アライブフーズはNZにある菓子メーカーで、創立者は元々カフェのオーナーでしたが、世界で初めてブリスボール専用の製造機械を作り、国内で知られるようになりました。

ブリスボールはレーズンやココナッツなどの果物、ナッツや種子などを丸めて作られています。この会社の製品は、精製された砂糖や乳製品、グルテン、保存料、遺伝子組み換え食品などは一切使用しておらず、自然のものだけを使い、ビーガン食品としても食べられます。

レモンチーズケーキ味を試してみましたが、見た目の印象と違い甘さは控えめで、ココナッツとレモンの風味が爽やかです。食感はカシューナッツやひまわりの種などが入っているので少しパサついていますが、食べ応えがあります。価格は16個入りで6NZドル(1NZドル=74円、価格は調査当時)です。1個で58キロカロリーと、手軽なエネルギー補給源として運動した後や、子供のおやつにも良さそうです。(花坊)

関連記事

編集後記・お知らせ過去の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る