2月に突入し、夏休み明けの学生たちを見かける機会が増えた。この時期の多くの学生はセブンイレブンのシャーベット飲料、「スラーピー(Slurpee)」を飲んでいる。若いころは筆者もよく夏に飲んでいたなと懐かしく思う。

フローズンコーラという名前なら聞いたことがある、という人もいるかもしれない。日本のコンビニに比べて何かと価格が高いオーストラリアだが、このスラーピー、なんと特大サイズでも3豪ドル(1豪ドル=約73・76円)しかしない。学生らが飲んでいるのを見て、一緒にいた知人と久しぶりに飲んでみようということになった。近くのセブンイレブンでとりあえず一番小さいサイズを購入し、十数年ぶりにスラーピーを口にした。

久しぶりに飲んだスラーピーは実に甘く、Sサイズですら飲み干せそうになかった。年を重ねるとはこういうことなのか。(瀬戸内)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

青果企業コスタがAIによる生産管理を始めるそうです。センサーによるデータ収集と分析により、どんな利点があるのでしょうか?(答えはこちら

ページ上部へ戻る