ナスの天ぷら

数週間前、弁当を買おうとシドニーの会社近くのフードコートを物色している時、思わず瞠目させられるおかずを見つけた。タイ料理の弁当屋にあった「ナスの天ぷら」だ。筆者の大好物で、これは何としても買うしかない。

だが、店員は「これは売れない」と驚くべきことをいうので狼狽した。どうも、それは料理の途中の段階で、味が付いていないと言う。いや、それは明らかにナスの天ぷらだ。味など付けなくていいから、そのままで売ってくれと強引に頼むと、本当にこれでいいのかと念押ししながらやっと売ってくれた。タイ料理では本来、天ぷら状態にしたナスにタイ風のあんかけか何かをかけるのだろう。だが、こちらの方が明らかにおいしい。オーストラリアは今や秋。ナス本来の味が生きる。

しかし─。最近のウイルス禍で、今はその店だけでなく、ビジネス街の大半の飲食店はシャッターが閉まっている。彼らの商売はどうなるのだろうと心配している。(西嵐)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

シドニー郊外に住む中国人が、最低10人の仲間が盗んだ粉ミルクを安価で買い取り、中国に不法に送っていたことが分かりました。その中国人は判明時点までに、少なくとも何個の粉ミルクを送っていたのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る