ダークキッチン

先月から新型コロナウイルス感染拡大防止のための規制が強化され、多くのレストランやカフェが営業停止になっている。そんな中、「ダークキッチン」と呼ばれる実店舗を持たない業態の飲食店の需要が急増しているようだ。

ダークキッチンとは、ウェブサイトやデリバリーのみで食事を提供する、客席もホールスタッフもいないレストランもしくはキッチン設備のこと。1つの建物内に複数キッチンがあり、複数の業態を運営することができ、何店舗もレストランをオンライン上でバーチャルに出店できる。

営業ができず、売り上げがゼロになってしまっている飲食店の中には、このダークキッチンでなんとかコロナ危機を乗り越えようと模索している店もあるらしい。これを機に、たまには出前を頼んで苦しんでいる飲食業界を支援するのもいいかもしれない。(瀬戸内)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

シドニー郊外に住む中国人が、最低10人の仲間が盗んだ粉ミルクを安価で買い取り、中国に不法に送っていたことが分かりました。その中国人は判明時点までに、少なくとも何個の粉ミルクを送っていたのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る