自宅にいる時間が長くなったから……ではないのだが、最近、ぬか漬けを始めた。オーストラリアの日本食品店にもぬか床が売られており、そういえば以前からやってみたかった、と思い出したためだ。

やり始めてみると、なるほど奥が深い。ぬか床の状態をいい状態にするには毎日手入れが欠かせない。うまくいくと、本当においしいキュウリのぬか漬けができるが、手入れに失敗すると、しょっぱすぎる野菜が出来たりする。実際に生きている乳酸菌をいたわり、ぬか床を優しく扱う様は、まるでペットを飼っているかのようだ。最近は、オーストラリア産アボガドやオクラをぬか漬けにしてつまんで食べている。

しかし、ぬか漬けを有り難がる人間が、わが家族の中にいないのは悲劇と言っていい。スマッシュしたアボガドを好む我が家族から、苦言を呈されているほどだ。最近は、できたぬか漬け野菜に誰も手を付けないのは、大変失礼でさえある。我がペットに対して。(西嵐)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

シドニー郊外に住む中国人が、最低10人の仲間が盗んだ粉ミルクを安価で買い取り、中国に不法に送っていたことが分かりました。その中国人は判明時点までに、少なくとも何個の粉ミルクを送っていたのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る