トラウトありマス

休暇でニューサウスウェールズ州コジオスコ国立公園を訪れた際、町の釣具店で「トラウトあります」の看板を見つけた。レインボートラウト、ニジマスである。ニジマスは北米原産で、オーストラリアには1894年にニュージーランドから持ち込まれたそうだ。
国内最高峰のコジオスコ山を含むスノーウィー・マウンテンズからの清流で育ったマスはさぞかし美味だろうと、スモークトラウトを買った。帰宅後、さっそく食べてみようと購入した店のホームページを見ると、「スモークトラウト・パテ」のレシピが紹介されていた。スモークトラウトと無塩バター、ホースラディッシュクリーム、サワークリーム、レモンジュース、香辛料をフードプロセッサーで混ぜてペースト状にし、冷蔵庫で30分冷やすだけ。トーストに塗っていただくそうだ。ふむふむ。
レシピはガン無視し、適当な大きさに切ったスモークトラウトを温め、炊きたてのご飯にのせ、醤油を垂らしてかき込んだ。(城一)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリアの農産物輸出相手国の第1位は中国で、第2位は日本ですが、第3位はどこでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る