オーセンティック

日本好きのオージーの知人らと、シドニーで人気の日本料理屋を訪れた。料理はどれも手が込んでおり質が高い。酒ソムリエの資格を持つ知識豊富なオージーが接客担当となり、料理に合う日本酒を1本ずつ丁寧に紹介してくれた。

帰り道に感想を話していると、知人は「接客が日本人でなく少しがっかりした」と言う。こちらで和食レストランを訪れる際に期待することは、日本に少しでも近い雰囲気を体験できるかどうかなんだそう。日本好きのオージーにとっては、少しくらい英語ができなくても、日本人に接客してもらう方が付加価値が高いという。

実際、白人系のオージーがアジア系飲食店の求人に応募したところ、白人だから雰囲気に合わないという理由で落とされたケースもあるようだ。多様性という言葉が社会の至る所で叫ばれる中、飲食業界では、オーセンティック(本物)さの維持とのバランスをとることが課題なのだろう。(岩下)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

南オーストラリア州のワイナリーが米国市場に進出します。彼らがキャンペーンを行う予定の米国最大のワイン販売サイトの名前はワインドットコム。では、世界で最もダウンロードされているワイン購入アプリは?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る