シーン 2020

毎年恒例のオーストラリアの年末風景スケッチ。

パラマタのスーパーで、突然「ストップ!」との大声が。セルフレジに商品を通さずに店を出ようとしたインド系の男性が捕まった。警備員に囲まれ、引っ張られる中「お前!先週もやっただろ」という声が。新型コロナの生活苦か。少しだけ同情。

アーターモンの居酒屋で、店主に「余ったから」と刺身のサービスをいただいた。聞くとノーザンビーチズのコロナ再燃でキャンセル客が3組出たのだと。連絡もないNo Showキャンセルよりはマシか、とやや安堵。そのノーザンビーチズ、スーパーの店員は全員マスク着用でも、隣のブッチャーの店員はマスクなしで客と大声で談笑。豪快さに恐怖。

クリスマス時期の夜、家や庭を電飾で華やかに飾ることで有名なライドのある通りも今年は中止。知らずに来た女の子がぐずって親に手を引かれている。「来年は大丈夫」と親は言えたろうか。コロナに嘆息し続けた年だった。(尋助)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

NZの研究者が参加した調査で、牛のトイレトレーニングに成功しました。トイレで排尿できた牛には、ご褒美として何がもらえるのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る