疑惑のジュース

オーストラリアはフレッシュジュース店が多いので助かっている。これは日本が逆立ちしてもできない店のひとつだ。もちろん日本だってできるにはできるが、野菜や果物をジュースにするだけの供給量がなく、あったとしてもコストが膨大になるはずだ。

ともあれ先日、シドニーのある店でそのジュースを注文した。筆者のお気に入りは、アップル、人参、しょうがのミックスジュース。その日は初めての男性店員だった。だがその店員、ジュースをコップ半分くらい作ると、残り半分は、先に絞ったオレンジジュースの残りをどぼどぼと注ぎ、「ハイ、君のアップル・人参・しょうがジュースだよ」と言って差し出してきた。

明らかに目撃しているので、その場で、おいおいそれは違うだろ、と言えた。が、なぜかそのまま何も言わずに受け取ってしまう自分がいた。なぜだろう。明らかにオレンジ混じりの味を思い出すと、今でも悔しい。(西嵐)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ソラマメが過去最大の豊作を記録しました。しかし、ここ1カ月の価格は上昇しています。なぜでしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る