幸運な国々と日本

オーストラリアとニュージーランド(NZ)はつくづく幸運な国だなと思う。肥沃な土地がふんだんにあり、農業の豊かさが際立つ。

食料自給率で見ると、日本は38%しかないのに、オーストラリアは223%、NZは300%もある。両国で地震や火災など大規模な災害が起きても、どことなく安心感があるのは、最も大切な食糧を輸入せずにすむことがあるからだろう。コロナ禍も、両国は世界的に上出来の舵取りだった。

人口面でも、日本は26年に1億2000万人を下回り、48年には1億人を割り込むまで減少するというのに、オーストラリアとNZには世界中の若者が集まり、オーストラリアの人口は30年には3000万人を超え、NZは520万人を超す見込みだ。

これら両国の農業は、日本にとってますます重要な時代になると思われる。農業のノウハウを持つ日本と、スケールと人手を持つ両国が、農業でつながりを深めるのは、極めて重要な国家戦略になるのでは、と感じている。(西原哲也・NNA豪州代表取締役)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

豪中間の貿易摩擦で多大な影響を受けているワイン業界ですが、減少した中国向けの穴を埋める形で急増したワイン輸出先があります。さてどこの国でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る